修羅の刻 8巻

修羅の刻 8巻

川原正敏

453円(税込)
ポイント 4pt

源義経(みなもとの・よしつね)は、兄頼朝(よりとも)が挙兵したのを機に奥州藤原秀衡(ふじわら・ひでひら)の下を出る。彼に供するは弁慶(べんけい)、伊勢三郎(いせ・さぶろう)、佐藤嗣信(さとう・つぐのぶ)・忠信(ただのぶ)兄弟の4人。頼朝と会見する義経。しかし、平家追討をはたすため世に出ることは、義経にとって悲劇の始まりをも意味していた……。入魂の「源義経編」、第2弾登場!!

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

5
1
5
1
4
0
3
0
2
0
1
0
  • 2013/11/28Posted by ブクログ

    信長編、と言うか不破の誕生物語?取り敢えず信玄や孫一を殺した陸奥は強いね♪刻も次で取り敢えず今出ているのは終わりだが、新作出ないかなぁ~。

セーフモード