修羅の刻 4巻

川原正敏

453円(税込)
ポイント 4pt

時は、1876年。彼の地・アメリカでは大陸横断鉄道が完成し、先住民は更に土地を奪われ、居留地に押し込められていた……。そのアメリカに“陸奥(むつ)”の名を捨て、1人渡った男がいた。男の名は、雷(あずま)。しかし、彼は先住民たちに“弱虫”と呼ばれていて……?修羅の刻(とき)・アメリカ西部編堂々登場!!

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

5
1
5
1
4
0
3
0
2
0
1
0
  • 2013/09/16Posted by ブクログ

    一番本作の「門」に影響を与えているシリーズかな?マッイイツォ登場のお陰でボクシング編から今でも出てるんだもんね~。このアメリカ編ではほぼ格闘シーンは無いけど、コレはコレで楽しめました♪

セーフモード