【最新刊】シナリオ・プランニング ― 未来を描き、創造する

シナリオ・プランニング ― 未来を描き、創造する
1冊

著:ウッディー・ウェイド 監訳:野村恭彦 訳:関美和

2,592円(税込)
1%獲得

25pt(1%)内訳を見る

これからは「シナリオを思い描ける人」の時代だ。――神田昌典明日のことは、だれもわからない。だからこそ、未来を大胆に想像しよう!戦略立案、グランドデザイン設計、ビジョン共有、商品開発……60年以上にわたって企業や組織、個人で使われてきた「イノベーション創造」の技法をトレンド予測、ビジネス展望のスペシャリストが豊富な事例をもとに解説。自分の人生を考える上でたくさんのストーリーや世界観に触れ、「こんな人生もあるかも」と複数のシナリオを想定し、今の自分の行動を変えていく。それが、シナリオ・プランニングの考え方です。そして本書の最大の活用法は、ここで示された手法にもとづき、あなたのチーム、組織、地域の仲間と一緒に未来シナリオを作ることです。――野村恭彦(「監訳者まえがき」より)問題は、未来が現在と違うことだ。もし、これまでと違う考え方ができなければ、かならず未来に驚かされるだろう。――ゲイリー・ハメル(本文より)シナリオ・プランニング。その歴史は古く、第2次世界大戦後のアメリカ空軍にはじまり、大企業、政府系組織などでも戦略立案の手法として使われてきました。ロイヤル・ダッチ・シェル社、アパルトヘイト後の南アフリカがシナリオ・プランニングの代表例ですが、何も大企業や国家機関だけに有効な手法というわけではありません。まわりにいる同僚やコミュニティの人たちを集めてやってみるのもいいですし、今後のキャリアや人生を考えるうえでは、自分ひとりでやることも可能です。たとえばこの本では、著者ウッディーと息子マルコム君が『ハリー・ポッター』の初版本を「できるだけ高く売る」ために、シナリオ・プランニングを使って見事に89倍の値段で売ったケースなど、いろいろなフィールドでの活用法が紹介されています。事業計画から商品開発、地域活性まで、「未来に関わる」すべての人のための手法。――それが、シナリオ・プランニングなのです。

続きを読む
提供開始日
2014/11/21

レビュー

3.4
15
5
1
4
6
3
7
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2019/08/15Posted by ブクログ

    ”フューチャーセッションに参加するにあたって読み始め。

    <キーフレーズ>

    <きっかけ>
     野村さんのfacebook書き込み?”

  • 2019/06/21Posted by ブクログ

    シナリオ・マトリクスを中心に、さまざまな例を挙げて、ストーリー検討について教えてくれる。
    少しとっつきにくい事例も多いが、それくらい大きな物事を考えるメソッドなのだろう。

  • 2019/05/28Posted by ブクログ

    未来をより可能性の高いものとして浮かび上がらせる

    市場と環境要因を組み合わせた未来の全体像

    未来がもたらすチャンスと脅威に対応

    未来がどうなりうるか?を理解すること

    未来を動かすドライビング・...

    続きを読む
開く

セーフモード