秀吉 夢のまた夢(小学館文庫)

著:鈴木輝一郎

583円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。朝鮮出兵で加藤清正の兵糧方・後藤与三郎達は講和の後、最前線に取り残された。尼寺を占拠し、略奪と淫虐の限りをつくす日本兵。だが、仲間は次々と殺され、消えていく。朝鮮の美しい尼僧と日本軍の落ち武者の酸鼻極まる意外な結末を描く『雲雀』他、秀吉の夢・朝鮮出兵にまつわるオカルティックな時代小説『あとひとつ』『背にふれてはなりませぬ』の2篇を収録。日本推理作家協会賞受賞作家の奔放な可能性を示す力作ばかり。

    続きを読む

    レビュー

    • 2009/10/25Posted by ブクログ

      加藤清正の兵糧方だった後藤与三郎、加藤清正、豊臣秀吉がそれぞれ主役の短編で舞台は朝鮮出兵の辺りです。怨霊だったり仏罰だったり呪術だったりとどれもオカルトな感じです。怜悧な刃物のような行長が意外と美味。

    セーフモード