【最新刊】若者と労働 「入社」の仕組みから解きほぐす

若者と労働 「入社」の仕組みから解きほぐす

著:濱口桂一郎

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新卒一括採用方式、人間力だのみの就活、ブラック企業、限定正社員、非正規雇用……様々な議論の中でもみくちゃになる若者の労働問題。日本型雇用システムの特殊性とは? そして、現在発生している軋みの根本原因はどこにあるのか? 日本型雇用の状況だけでなく、欧米の成功例・失敗例を織り交ぜて検証する。労働政策に造詣の深い論客が雇用の「入口」に焦点を当てた決定版。感情論を捨て、ここから議論を始めよう。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/07/18
    連載誌/レーベル
    中公新書ラクレ

    レビュー

    • 若者と労働 「入...2018/08/08Posted by ブクログ

      日本人は、所属先を失ったり、不当に扱われたりすると、
      簡単に自信を喪失したり、最悪、自殺します。

      所属と日本人を考える上で一番参考になるのが、
      就職活動です。

      ここでいう就職活動は、日本の大学生が...

      続きを読む
    • 若者と労働 「入...
      ネタバレ
      2017/01/03Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 若者と労働 「入...2020/05/04Posted by ブクログ

      2020年5月再読

      最初に読んだのは、2014年頃だったと思う。
      日本の労働問題について、これほど切れ味鋭く論じた本は、初めて読んだ。発行は2013年なので、発行から7年が経過しているが、分析は全く...

      続きを読む
    開く

    セーフモード