【最新刊】日本で働くのは本当に損なのか 日本型キャリアvs欧米型キャリア

日本で働くのは本当に損なのか

1冊

著:海老原嗣生

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ブラック企業、終身雇用の崩壊、うつ病の増加……。それでも滅私奉公を続けますか?なぜ日本人は、上司や会社の悪口を言うのか、なぜ日本人は、なかなか転職しないのか、なぜ日本では、女性活用が進まないのか―欧米型雇用と比較して日本型雇用の本質を鋭く分析し、まことしやかに信じられている常識を覆す。内容例を挙げると、日本には人事異動があるが、なぜ欧米にはないのか欧米ではなぜ若者の雇用デモが頻発するのか?日本の若者は大人しいのか?日本では先輩が呑みに誘うのに、欧米では誘わないのか?欧米と日本、どちらが学歴社会なのでしょうか等々また日本型雇用問題への解決策も提示する。そして『ブラック企業』がベストセラーとなった今野晴貴氏が本書を解説―「雇用システムの問題を『立場を超えて』説明しようと務めている」学生から、管理職まで、企業の雇用問題を知る上で必読の一冊!

    続きを読む
    提供開始日
    2014/11/21
    連載誌/レーベル
    PHPビジネス新書
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    4.4
    15
    5
    7
    4
    8
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/04/22Posted by ブクログ

      明快な論旨である。

      ヨーロッパで一般的な就職時に数%のエリートと非エリートが分かれる就業形態:非エリートは昇給も(一定年齢以降は)転職も殆ど無い代わり、ワーク・ライフバランスが保てる。企業はベテラン...

      続きを読む
    • 2018/11/04Posted by ブクログ

      雇用の専門家による、日本と欧米の雇用システムについての研究書。年功序列型雇用や正規労働者への優遇が批判されているが、欧米のシステムと比較しての多くの批判に誤りの多いことを指摘している。説明が質問・回答...

      続きを読む
    • 2018/10/14Posted by ブクログ

      日本と欧米の働き方やキャリアに関する違いを論理的に述べている。日本の働き方はダメだから働き方改革しなきゃいけない!というような内容ではなく双方のメリットデメリットが書かれており非常に勉強になる。

    開く

    セーフモード