【最新刊】ささやかな永遠のはじまり

ささやかな永遠のはじまり

1冊

著者:盛田隆二

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    園田花織は出版社で編集総務を担当する25歳。新雑誌の創刊準備に迫われながらも、大手電機メーカーに勤める岡島との結婚を控え、公私ともに充実の毎日を過ごしていた。しかし、挙式直前に岡島の女性問題が発覚、絶望のなか花織は別れを決断する。悲しみを忘れるべく仕事に打ち込むなか、花織は新雑誌の編集長、白石の優しさに癒され、そして恋に堕ちていく―。ベストセラー『夜の果てまで』の著者が描く、切なく狂おしい“純愛”傑作長編。※本作品は、二〇〇七年十月に小社より刊行された単行本『幸福日和』を改題し文庫化されたものが底本です。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/11/22
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3
    7
    5
    0
    4
    1
    3
    5
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/02/15Posted by ブクログ

      ヒロイン花織は婚約者の女性問題が許せず婚約解消したのに、自らは既婚者を好きになってしまう。
      矛盾しているようにも思えるけど、婚約者が誠実ではなかったことに気持ちが醒めたのかな?
      その点、白石の方は最後...

      続きを読む
    • 2014/02/28Posted by ブクログ

      不倫のお話。
      不倫っていいとこ取りで楽しいんだろうなぁ、と思うけど、反面ズルイよなぁとも思う。
      不倫相手はカッコイイところだけ見てればいいけど、結婚して一緒に生活していく相手はそういうわけにいかないし...

      続きを読む
    • 2013/12/13Posted by ブクログ

      後半に入るまで面白くなかった。
      ありきたりな話で林真理子あたりが書きそうな話だなぁーと
      思ったりして、なかなか読み進まなくて苦労しながら読んだ。
      最後のあたりはうるっときた部分もあって結果、まぁまぁだ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード