【最新刊】水の恋

水の恋

著者:池永陽

682円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    親友の死は事故、それとも自殺、あるいは失踪だったのか……?妻・映里子と亡き親友との過去に疑念を抱きながら、昭は真相を突きとめるため、親友の故郷、飛騨の山奥の神馳淵を訪れる。鍵を握るのは伝説の仙人イワナ。昭はそこで心のわだかまりを解き放ち、すでに絆を失いかけている妻との関係を取り戻すことができるのだろうか。人生のさまざまな鬱屈の先にあるたしかな希望と、愛によってたつ男と女の脆さとその再生を見事に描いて心ふるわせる恋愛ロマン。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/11/21
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2010/01/06Posted by ブクログ

      【あらすじ】
      親友の死は事故、それとも自殺、あるいは失踪だったのか…?妻・映里子と亡き親友との過去に疑念を抱きながら、昭は真相を突きとめるため、親友の故郷、飛騨の山奥の神馳淵を訪れる。鍵を握るのは伝説...

      続きを読む
    • 2012/09/22Posted by ブクログ

      あらすじには恋愛ロマンとありますが…もっといろんなものが含まれていて、複雑に絡み合っている、、そんな感じがしました。

      一度で理解するのは難しいかもしれない。

      深い…話だと思いました。


      ...

      続きを読む
    • 2017/10/30Posted by ブクログ

      池永さんは”やさしさ”をテーマにした作家さん。それがこれまでの私の評価でした。でも、この作品はいけません。
      優柔不断であっても、どこか芯がある。それがこれまで読んだ池永作品の主人公でした。しかし、こ...

      続きを読む

    セーフモード