【最新刊】あの夏、風の街に消えた

あの夏、風の街に消えた

著者:香納諒一

902円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    行方をくらました父に呼び出された大学生の僕。その夏を過ごすことになった新宿で遭遇した事件とは。祖父の変死、中国の天安門事件、地上げとマフィア、そして自分の出生の秘密が交錯し、青春の痛みを描き出す長編。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/11/21
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2007/11/04Posted by ブクログ

      2007/11/4ジュンク堂住吉シーア店にて購入。
      2009/10/12~10/16

      京都で下宿する師井厳のもとに、なぞの男風太が現れ、父親が不始末をしでかしたので、すぐに自分と一緒に東京へ来い、と...

      続きを読む
    • 2011/10/03Posted by ブクログ

      何だろう、ミステリーじゃないよね。ハードボイルドミステリ?
      「青春」って言葉がぴったり。子供から大人になる切ない感じ、もうちょっと私は忘れてしまったけど(笑)
      学生運動や天安門事件など、少し時代が違う...

      続きを読む
    • 2011/05/20Posted by ブクログ

      あえて分類するならハードボイルド系青春小説でしょうか。現代の事件に学生運動や天安門事件などが複雑に絡んでいます。私の年齢では臨場感を持って読むことはできませんが、それでも充分に楽しめます。香納氏の作品...

      続きを読む
    開く

    セーフモード