申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

カレン・フェラン/神崎朗子

946円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    前代未聞!気鋭のコンサルが内幕を暴露した全米騒然の問題作!デロイト・ハスキンズ&セルズ、ジェミニ・コンサルティングと、大手コンサルティングファームを渡り歩いてきた実力派コンサルタントが、自らとコンサル業界が犯してきた恐るべき過ちの数々を大暴露。「戦略計画」「最適化プロセス」「業績管理システム」……こうして企業は崩壊する。望ましいコンサルティング業務のあり方、クライアントとコンサルタントの正しい付き合い方を提唱する。

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/02/28Posted by ブクログ

      同じことを考えている人は多い。将来自分が書こうと思っていたことの大部分がこの本に書いてある。

      タイトルを見た瞬間、この本がコンサル批判一辺倒の内容でないことは、それなりの人には読む前から想像がつくだ...

      続きを読む
    • 2014/09/23Posted by ブクログ

      なかなか刺激的なタイトルだが、単なる釣りではなく、本当に面白い。良著だった。

      世の中のコンサルタント達が企業に提案する経営理論やベストプラクティスは必ずしも(というより多くの場合は)正解ではない。
      ...

      続きを読む
    • 2018/11/04Posted by ブクログ

      ・アイゼンハワー「戦闘準備において、作戦そのものは役に立たないことをつねに思い知らされたが、作戦を立てる行為こそが重要だ」―計画を立てる過程にこそ価値がある。業界の動向や経済シナリオ、競合企業の強みと...

      続きを読む
    開く

    セーフモード