自信と劣等感の心理学

加藤諦三

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    自信のある人は突っ張らないし、自分を受け入れている。自信のない人ほど自信を失う行動をし、幸せから遠ざかっていく。なぜ、些細な他人の一言で傷ついてしまうのか?どうして、劣等感に悩んでしまうのか?誰もが自身を持って生きられ、どんな劣等感でも解消できる!嫌なことをやり過ごすコツ、つらい時こそ前向きに生きる方法がわかる。

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/02/05Posted by ブクログ

      たくさん発見がありました。
      完全に落ち込んでいるときよりも、比較的元気な時に読んで、自分を立て直すのが良いと思う。
      良いタイミングで読めてラッキー♪

      劣等感でがんじがらめになっているときって、「もう...

      続きを読む
    • 2012/07/14Posted by ブクログ

      自分の中にずっとあった感情がはっきりした。
      人を見ているようで、自分しか見ていなかった。
      気づくとは、自分を見つめることだけではなく、周りの変化に気づくことなんですね。
      「今日は昨日より空が青い」とか...

      続きを読む
    • 2013/08/02Posted by ブクログ

      自分らしく生きる。
      自分らしくとは自分の生き方の指針である信念。
      信念がないのなら、
      飾らず、ありのままで、自分を卑下せず生きていく。
      思い込みや背伸びは自分を苦しめるだけ。

    開く
    [{"item_id":"A000345482","price":"550"}]

    セーフモード