10年後に備える相続―週刊東洋経済eビジネス新書No.84

編:週刊東洋経済編集部

324円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

2015年1月から相続税が増税となります。父母と子ども2人の家庭なら相続財産が4800万円以上の場合、相続税の申告納税が必要に。「うちには財産なんてないから関係ない」と思っていても、都市部に持ち家があれば相続税を納める必要があるかもしれません。本誌では、「自宅を建て替え賃貸併用に」「金のお鈴が相続対策!」「タワーマンション高層階で節税対策」などお得な情報を満載しました。今から備えれば10年後の相続も怖くない!本誌は『週刊東洋経済』2014年8月9・16日合併号掲載の23ページ分を電子化したものです。●●目次●●カギは「二次相続」にあり!わが家の資産だといくら支払う?どのくらい残る?これではもめる、遺産分割小規模宅地の特例を活用せよcolumn「海外送金にも目を光らす税務署」後悔しない親の葬儀変化加速する葬儀ビジネス。大手も「直葬」参入column「ヤフーが終活ビジネス開始」相続貧乏にならない相続対策増税に負けない資産運用column「資産の海外逃避は危険だらけ」

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード