晩年の子供

山田詠美

506円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    メロンの温室、煙草の畑、れんげ草の群れ。香り高い茶畑、墓地に向かう葬列、立ち並ぶ霜柱など。学校までの道のりに私が見た自然も人間もあまりにも印象的であった。心を痛めることも、喜びをわかち合うことも、予期しない時に体験してしまうのを、私はその頃知った。永遠の少女詠美の愛のグラフィティ。

    続きを読む

    レビュー

    4.1
    78
    5
    28
    4
    33
    3
    16
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/06/13Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/03/04Posted by ブクログ

      内容は作り物にしても、その中で情緒をこれほど豊かに表現できる著者の表現力に対して、惹かれた。幼い頃の情緒は、それが何ものなのかをまだ知らず表現も出来ない内に時間の経過を経て簡単に流れてしまう。大人にな...

      続きを読む
    • 2017/12/07Posted by ブクログ

      この作家は太宰が好きなのかな?太宰に近い匂いがする、そして題材に合わせて文体等を滑らかに変化させることのできる力量も相当なもの。
      それでも本作はあんまり当方の好みじゃないかな、やっぱり山田詠美には若干...

      続きを読む
    開く

    セーフモード