ばけものだらけ 1巻

雨鳥

453円(税込)
ポイント 4pt

ちょっとおバカな中学生・ヨタは、村はずれの一軒家にひとり暮らし。でも、人間の代わりに妖(バケモノ)の家族がいっぱいいるんです。ヨタの世話焼き係の兄は通学かばんの袋狢(ふくろむじな)、兄よりしっかり者の妹はかまいたち、料理上手な母は女郎蜘蛛、そして家では意外に存在感のないお父さんの赤舌……。妖を見ても怖がらず、「かっこいい」と目を輝かせるヨタ。そんな彼に調子を狂わされ、思わず気を許してしまった、本当は怖いはずの妖たち。そんな不思議な「家族」を描く、可愛くってどこか懐かしい妖怪噺、開幕です!

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4
3
5
1
4
1
3
1
2
0
1
0
  • 2014/05/25Posted by ブクログ

    私の中の『奇異太郎少年の妖怪絵日記』を引きずり倒せるだけの腕力を持っている、妖怪漫画が現れた事に驚きを禁じ得ない 前作の『むこうがわのまさか』も読んだが、雨鳥先生の絵柄は妖怪漫画でしか真価を発揮しない...

    続きを読む
  • 2014/05/19Posted by ブクログ

    オビのアオリ「鳥山石燕に学び、月岡芳年、河鍋暁斎、歌川国芳に耽溺し、水木しげるを敬愛する平成の妖怪絵師」がとてもいいできだったので購入。もともと妖怪物が好きだし。 昭和3,40年代風の世界で、妖怪のこ...

    続きを読む
  • 2014/05/11Posted by ブクログ

    “「まぁオレらも犬神のことは言えないけどな ヨタに聞かれてつい教えちまったんだからよ 名前は呼ばれるとどうしても逆らえなくなるオレたちの一番の弱点だってのに でもヨタにはそんなことどうでもいいことだか...

    続きを読む

セーフモード