【最新刊】太陽の東、月の西 【大人のためのエロティック童話 IV】

太陽の東、月の西

ナンシー・マドア 翻訳:佐野晶

220円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ★それは遠い遠いオーロラの国、ノルウェーに伝わる古いおはなし。ある晩、貧しい男のあばら屋を白い毛皮の獣が訪れ、こつこつと扉を叩いた……。★白い毛皮の獣は言った。「おまえの娘を所望する。代わりに大金持ちにしてやろう」男と妻は猛反対したが、娘は承諾した。貧しい両親と、幼い弟妹のため。獣の妻となった娘は、気がつくと、見たこともない見事な城の中にいた。そこではどんな贅沢も思うまま。娘は全身を飾り立てられ、豪華な寝台に寝かされ、毎夜毎夜、暗闇に現れる逞しい男から激しく甘い愛撫を受け、恍惚の極みを味わった。娘は男を愛するようになったが、あるとき娘がささいな約束を破ったことから、その男こそが夫であり、呪いによって獣に姿を変えられた王子だったことがわかる。王子と城は一瞬にして消え失せ、約束をやぶった娘は荒野に取り残された。娘は夫を取り戻す旅に出た。呪いをかけた女王が待つ、「太陽の東、月の西」の城へ。そこには、100人の男たちが待っている。彼らは暗闇のなかで一人ずつ、娘を絶頂に導く。娘は愛する夫を、闇のなかで見つけ出さねばならない……その愛撫だけを頼りに。(次作『3匹のくま』)

    続きを読む
    提供開始日
    2014/11/27
    連載誌/レーベル
    ハーレクイン

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する

    セーフモード