霧の城

岩井三四二

561円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    織田の女城主と武田の猛将、許されぬ戦国の恋。武田と織田が争う岩村城攻防戦。一通の恋文が二人の運命を変えた!美濃国岩村城を攻めあぐねていた武田の猛将・秋山善右衛門は無血開城を促すため、岩村の女城主・おつやの方に一通の書状を送る。そこには和議の条件として、おつやと夫婦になりたいという驚きの申し出が書かれていた。和議を受け入れるか悩むおつやだが……実話を基に、織田と武田の熾烈な戦いと、その後の二人の知られざる運命を描く感涙の歴史秘話!

    続きを読む

    レビュー

    • 2019/01/01Posted by ブクログ

      2018年最後の読了本。

      以前訪れた岩村城を思い描きながら読んだ。
      慈しみ合う二人がとても幸せそうで、その分最後に心が痛んだ。
      二人の最後は史実に沿わずに描かれているようで。
      これを読んでからあの場...

      続きを読む
    • 2019/07/18Posted by ブクログ

      2019.7.18完了
      悲しい。終わりを知っているだけに悲しかった。
      悲しかったのは終わりの部分だけ。
      終わり方は余計な描写が少なく良い。
      脚色はあろうが、話の経過は非常に読みやすかった。
      浅いともい...

      続きを読む
    • 2014/11/14Posted by ブクログ

      織田と武田の争いを背景に岩村城を巡った戦歴、楽しく読めました!
      戦国時代の中高年の恋愛感情とその顛末も巧みに書かれており、争いの要素に加えたストーリーでした。
      最近は歴史小説が楽しいです。年齢のせいか...

      続きを読む
    開く

    セーフモード