<徳川家康と戦国時代>朝廷は不要か

小和田哲男

102円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

    征夷大将軍を任命するのは天皇であった。鎌倉幕府創業の歴史書『吾妻鏡』を愛読した徳川家康は、源頼朝にあこがれ将軍職を熱望した。そして将軍の地位を得るために、また政権安定のために、『吾妻鏡』を利用した。朝廷をまるめ込むための、家康のあの手この手。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード