慶長武士事情関ヶ原以降の浪人問題

小和田哲男

102円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

    天下分け目の合戦、関ヶ原。全国規模で争われたこの合戦で、改易となった大名は88人、減封処分も含めれば、石高の合計は632万石余に上った。その結果、実に10万人以上という浪人を生み出した。慶長年間、最大の案件、浪人問題にせまる。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード