【最新刊】神さま、お願い

神さま、お願い

著者:花房観音

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    こんなはずじゃなかったのに――京都は下鴨神社近くの暗い神社。学業成就、縁結び、家内安全、商売繁盛…日夜一心不乱に手を合わせる女たちの花びらを一枚めくりあげれば、脈打つのは滴る蜜か、どす黒い血か――!?

    続きを読む
    提供開始日
    2014/11/14
    連載誌/レーベル
    角川書店単行本
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2015/01/22Posted by ブクログ

      神様にお願いをする時は、「○○に合格させて下さい」とか「○○さんと結婚させて下さい」などというダイレクトなお願い事はしない方がいいと聞いたことがあります。

      「私にふさわしい道に進ませて下さい」とか「...

      続きを読む
    • 2015/01/22Posted by ブクログ

      京都の住宅街にひっそりと佇む、小さな社。血を捧げると願いを聞き届けてくれるというその社に、女たちは何を願い、何を呪うのか。なんともぞくぞくさせられる嫌な(褒め言葉です)物語です。
      自分の幸せを願うこと...

      続きを読む
    • 2015/07/15Posted by ブクログ

      『人を呪わば穴二つ』って言葉が思い浮かぶ本。
      自分の血を捧げて願いを叶えてもらう神社は、人への恨みや妬みがいっぱい。
      人の不幸を願えば、自分にも不幸がやってくるっていうネ。
      でも、面白い本でした。
      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード