【最新刊】鉄道時代の経済学 : 交通政策の始まり

鉄道時代の経済学 : 交通政策の始まり
1冊

著:佐藤信之

1,645円(税込)
ポイント 16pt

通常ポイント:16pt

公共性を重んじた政策、効率優先の市場主義、双方に限界が生じている―少子高齢化・人口減少の狭間にある日本において、需要が低迷する不採算の鉄道路線の存続、民営化など、公共交通としての鉄道のパラダイムシフトが求められている。鉄道事業が興った19世紀からヨーロッパやアメリカの経済学におけるさまざまな考察が、これからの交通政策に生かす教養・副読本となることをねらいとした1冊。※本書は2006年5月に発行された出版物を電子書籍化したものです。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード