【最新刊】「垣間見」る源氏物語 紫式部の手法を解析する

「垣間見」る源氏物語 紫式部の手法を解析する

1冊

著:吉海直人

3,850円(税込)
1%獲得

38pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「垣間見」は、男女の恋の展開だけに有効だったのか?幻想の垣間見論を突き崩す。

    続きを読む
    ページ数
    321ページ
    提供開始日
    2014/11/07
    出版社
    笠間書院
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2010/06/08Posted by ブクログ

      伊勢物語の筒井筒の話や源氏物語の若紫の話は見方を変えるとこんなに解釈が全然違ってくるものなのか。また原典を読み直さねば。

    セーフモード