バランスシートで読みとく世界経済史 ヴェニスの商人はいかにして資本主義を発明したのか?

著:ジェーン・グリーソン・ホワイト 訳:川添節子

2,090円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    複式簿記が先か?資本主義が先か?14世紀のヴェネツィアで広まった複式簿記は、「富を測定したい」という人間の欲望を実現し、資本主義の飛躍的な膨張をもたらした――。気鋭のジャーナリストが切り拓く、資本論の新境地。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    8
    5
    2
    4
    2
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/23Posted by ブクログ

      ややタイトル詐欺、バランシートそのものはあまり出てこないし歴史と言われるとちょっと。
      会計から考える資本主義のこれからといった内容。

      構成としては簿記(会計)が発生した発端ともいえる人物の活動に焦点...

      続きを読む
    • 2019/07/27Posted by ブクログ

      複式簿記が中世のイタリアから広まったということは経済学の授業で習ったが、その詳細については聞かなかったので副題の「ヴェニスの商人はいかにして資本主義を発明したのか?」に期待して選びました。

      請求記号...

      続きを読む
    • 2018/02/18Posted by ブクログ

      歴史が好きなので面白く読めた。
      特に興味深いのが、最初期の帳簿には十字架が記されていたということ。これはクリスチャンである彼らからすると神に誓って不正はしないということである。つまり会計をするものにと...

      続きを読む
    開く

    セーフモード