2025年の巨大市場 インフラ老朽化が全産業のチャンスに変わる

著:浅野祐一 著:木村駿

1,980円(税込)
1%獲得

19pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    社会インフラの老いがもたらす巨大な果実を手にするのは誰だこれから急速に増える老朽インフラにいかに対応するのか――。新たに日本に突きつけられた問題です。この問題の解決には、まずはインフラに携わってきた発注機関や建設産業界が革新的な取り組みを進めていく必要があります。しかし、それだけでは足りません。情報通信や電機、化学、バイオなどあらゆる産業の知恵と力を加えれば、もっと革新的な取り組みが可能になるからです。本書では、その裏付けとなる数多くの実例を紹介するとともに、これから10年先の維持管理市場の変貌を大胆に予測。今後の成長分野である維持管理市場で勝ち残る指針を提示します。インフラの維持管理市場への参入を考える際に必読の書です。【主な登場企業】NTTデータ、富士通、東芝、パナソニック、セイコーエプソン、マイクロソフト、ホンダ、スズキ、積水化学工業、三菱化学、クラボウ、スリーエムジャパン、コニシ、味の素、ヤマト運輸、ALSOK、鹿島、清水建設、NEXCO東日本、NEXCO西日本、JR西日本・・・

    続きを読む

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/02/29Posted by ブクログ

      日本の戦後復興や高度経済成長期に建設されたインフラの維持管理・補修が今後の大きなビジネス市場になるということを踏まえ、建設関連会社のみならず他業界からの参入の実例や可能性を紹介した内容。日経コンストラ...

      続きを読む
    • 2014/11/27Posted by ブクログ

      2013年度に投資総額の3分の1だった維持管理・更新費は、2023年度には2分の1まで膨らむとあるが、IT産業同様に6割位まで膨らむのではないか?

    • 2014/11/22Posted by ブクログ

      国内の維持管理の技術は海外展開の可能性うぃ秘める。但し、技術力は海外市場を獲得する武器になるが、それだけでの成功は困難。市場開拓には地道あ売りこみや実績の構築を要する。現地化していく覚悟が不可欠。維持...

      続きを読む

    セーフモード