離婚後の親子たち

著:氷室かんな

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。[夫婦はやめても親はやめない]そうはいっても離婚後の親子関係、みんなどうしているのか。別れた相手と協力なんてできるのか。子どもは本当はどう思っているのか。でも。きっとできる。方法はある。やっぱり子どもの笑顔が見たい。──生き別れる親子がいる。訪ねあう親子がいる。ともに子育てする元夫婦がいる。《元夫》と《元妻》と《子どもたち》に取材した、葛藤と希望と本音。16歳から49歳まで、10家族への詳細な聞きとりを重ねた、書き下ろしノンフィクション。

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    3
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2012/08/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2011/03/02Posted by ブクログ

      こういうケースばかりではないんだけど・・・・という思いがあります。確かに苦しんでいる親子はいるけどそればかり強調するのはちょっと違うという感じです。

    • 2008/08/19Posted by ブクログ

      妻・夫・子、それぞれの言い分をフェアに聞こうという姿勢が好きだ。うわこいつ最低だなって父親もいるけど。それぞれの言い分を、「この立場の人は」ではなく「この人は」こう思う、と語らせていくやりかたが誠実。...

      続きを読む

    セーフモード