【最新刊】息子殺し 演じさせたのはだれか

息子殺し 演じさせたのはだれか

1冊

著:斎藤茂男

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。“殺さないでくれ!”と叫ぶ息子をめった刺しにした両親。その減刑を嘆願する八万五千人余の署名。なぜ世論は子殺しに同情的なのか?九二年、浦和市でおきた高校教師の息子殺害事件。事件関係者、各界からの証言で事件の本質に迫る。

    続きを読む
    ページ数
    237ページ
    提供開始日
    2014/11/07

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/08/24Posted by ブクログ

      編者:斎藤茂男(1928-)フリーの記者


       斎藤茂男●編著
      ■1993年12月発行
      ■四六判 232ページ
      ■本体2000円+税
      ■ISBN4-8118-0562-3 C0036
      <http://...

      続きを読む

    セーフモード