2015年日本経済 景気大失速の年になる!

著:高橋乗宣 著:浜矩子

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    安倍バブル崩壊へ――。円安、大増税、所得減‥‥戦後最悪の「危機の連鎖」が日本を襲う。予想される景気失速、株価急落、大量失業。まさに正念場を迎えた日本経済を徹底予測する。いまの日本経済は、人間で言えば「息が止まりそうな」状況だ。消費や企業の設備投資、住宅投資、そして輸出と、まさに総崩れと言ってよい。あとは公共投資くらいだが、これも我が国の危機的な財政状況から、そう多くは望めない。日本経済には、経済を成長させるエンジンが一つもなくなってしまったのだ。このような状況で、消費税を10パーセントにしたら、先のリーマン・ショック以上の危機に陥る可能性が大きい。今回は、成長エンジンがみな奪われてしまっているわけで、一時的なショックで済む保証はどこにもない。それどころか、一気に「負のスパイラル」が生じ、大不況へと突入する懸念が強いのだ。(本文より)【主な内容】序章第一次世界大戦前と酷似している現代の世界第1章成長のエンジンをすべて失った日本経済第2章アベノミクスの「成長戦略」に見える危険な本質第3章金融バブルにすがるしかない米国経済第4章デフレ突入の瀬戸際に追い詰められた欧州経済第5章大疾走が終わる時:新興の勢い萎える新興勢

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード