財政赤字の正しい考え方―政府の借金はなぜ問題なのか

著:井堀利宏

1,584円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    このまま財政赤字の累積が続けば、日本経済にどのような影響がもたらされるのか?最新の実証研究の成果も交えながら解説し、財政政策のあるべき姿を提示する。【主な内容】序章財政赤字を考える三つの切り口第一章政府の借金はなぜ問題なのか第二章かくして日本国総理は世界一の借金王になった第三章財政赤字がもたらすもの──日本経済に与える影響第四章増税はある日突然やってくる第五章新古典派とケインジアン──財政赤字をめぐる終わりなき論争第六章世界の国々はこうして財政赤字を克服した第七章財政改革はこう進めよ補論入門・財政赤字の経済学(文献案内)

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード