万病をふせぐ眠り方

著:宮崎総一郎

1,199円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ガン、糖尿病、高血圧、心臓病、うつ病……あらゆる病気は“正しい睡眠”で予防できる!意外と知られていないことですが、睡眠不足が原因でガンや脳卒中、心臓病、糖尿病、肥満、うつ病など、命の危険に関わるような病気にかかってしまうことがあります。かといって、寝すぎも体によくないことがわかっており、寝すぎの人はそうでない人よりも死亡率が最大で40パーセントも高まることがわかっています。これほどまでに健康と密接な関係があるにもかかわらず、現代人の多くは睡眠を軽視しがちです。世の中には多くの健康法が出回っていますが、睡眠をおろそかにしていては、期待した効果は得られません。つまり、睡眠こそが健康の基礎であり、もっともシンプルな健康法なのです。本書では、そういった睡眠の大切さや、睡眠不足・寝すぎがなぜ体に悪いのか、そしてどうすればそれらを改善できるのかを最新の医学研究と多くの患者さんの例を交えながら、わかりやすく解説しています。*目次より○3.5倍もガンになりやすくなる働き方○たった2日の睡眠不足で糖尿病へまっしぐら○寝すぎは40パーセントも死亡率を高める○早寝早起きは間違っている○遮光カーテンを使うのはやめなさい○「寝つきがいい=健康」ではない○寝るまえの入浴が寝つきを悪くする○泥棒が入るのは寝てから40分後○会社帰りのスポーツジムは不眠症のもと○朝練・朝活はやめなさい

    続きを読む

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2011/12/06Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2011/01/06Posted by ブクログ

      意外と知られていないことですが、睡眠不足が原因でガンや脳卒中、心臓病、糖尿病、肥満、うつ病など、命の危険に関わるような病気にかかってしまうことがあります。 かといって、寝すぎも体によくないことがわかっ...

      続きを読む

    セーフモード