脳卒中にならない、負けない生き方

著:内山真一郎

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本屈指の名医が教える「健康に生きる」シリーズ、第2弾!「防ぎたい」「治りたい」「元気で長生きしたい」をかなえます!日本屈指の名医が教える「健康に生きる」シリーズ、いよいよ創刊!(1)重篤な病気にならないための予防法がわかる!(2)たとえ発症しても、あわてず対応できる!(3)あなたの人生が、より意義深いものになる!5人に1人が発症するといわれる脳卒中。しかし、危険因子をすべて取り除いていくことで脳卒中の8割は予防できると説く医師が、その具体的な方法を詳述。さらに発症後の治療やリハビリテーション、生き方にまで踏み込んで解説。(著者からのメッセージ)あなたは、脳卒中にどんなイメージを持っているでしょうか。患者さんや、私の周りの人に聞くと、「脳卒中になったら助からない」とか、「たとえ助かったとしても、後遺症でその後の生活が大変」という声が返ってきます。…(中略)…では、本当に脳卒中は怖いのか?結論をいえば、「脳卒中は怖くない」。だけど、やっぱり「脳卒中は怖い」。さらにいえば、「脳卒中は怖い」。だけど、正しく対処すれば「脳卒中は怖くない」のです。(本書「プロローグ」より)*目次より◎脳卒中は、神の一撃?◎なぜ、脳の「出血」が減り、「詰まる」ようになったのか◎ドロドロの血液が流れると血管も傷む◎脳の血管が「詰まる」「切れる」とは◎脳卒中になる人、ならない人◎自分で変えることができる危険因子◎脳卒中にならないために知っておきたい、これだけのこと◎こんな症状が出てきたら、脳卒中を疑え◎「一過性脳虚血発作(TIA)」は脳卒中の究極の前兆◎救急車が来るまでにしておくこと◎「病気のもと」を断って、人生のリスク管理をする◎「健康によかれ」と思っていることが命取りになる?◎「長嶋茂雄という生き方」から学んだこと◎脳卒中は人生を見直す転機となる◎再発予防に向けての具体的なアクション◎その生活を続けて病気になるのは「あなた自身」◎脳の無限の力を引き出すためにetc.

    続きを読む

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/01/09Posted by ブクログ

      発症経験がある人でも症状を言葉で的確に言い表すことが難しく、また発生原因、発症部位、そして症状も人それぞれの病気だけに、どこまでいっても理解の壁があるものと思う。著者は、そんな脳卒中の治療の第一人者で...

      続きを読む

    セーフモード