夏の終わりのサリー

吉池マスコ

680円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

宏と吾郎は保育園からの幼なじみで腐れ縁。好きなものがいつも被る。服や持ち物だけじゃなく、好きになる相手も…。そして相手は大抵、吾郎の方を好きになる。現在の宏の想い人は、ひとつ年上のサリー先輩☆口が悪くてヤンチャだけど、優しくて笑顔が超カワイイ!だけど案の定、吾郎もサリー先輩にホレていると知ってしまった宏は!?腐れ縁の二人の甘酸っぱいスクールライフを描いた表題作とその後の二人を描いた続編他3編を収録。小悪魔BOYに振り回される男ゴコロの切なさとエロス満載の最新作品集!!

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2014/07/31Posted by ブクログ

    私的には吉池先生の話は当たり外れがあり、コレは当たりでした!短篇集だったのですが、特に好きなのは「髪結い亭主」高校時代に付き合っていた受けが、攻めが入っている組に、事故で亡くなった組長のお嬢さんと僕の...

    続きを読む
  • 2014/08/21Posted by ブクログ

    マスコさんの作品にはテンポの良いギャグが含まれるが、それと同じに乾いた切なさも加味されている。あくまでも「カラっと」乾いていて、ギャグとのギャップで習った感のない切なさ。
    吾郎と宏の幼馴染中心の恋愛模...

    続きを読む
  • 2016/04/23Posted by ブクログ

    色々気になる部分があってモヤモヤ。でもそこをハッキリさせようとするのは無粋なんでしょうね。そういうのを含めて独特な面白さがあります

開く
[{"item_id":"A000338428","price":"680"}]

セーフモード