【最新刊】時にはうどんのように

時にはうどんのように
1冊

椎名誠

483円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

    赤マントシリーズ二二二回記念を期に「二二二」にまつわる新宿のデジタル時計と椎名誠の関係が語られる。また、実はレンコンが怖いことをカミングアウトし、それを「円形多孔物体恐怖症」と名付ける。椎名誠の生活と心の内面が見えてくるエッセイ、赤マントシリーズ第六弾。巻末には電子書籍版の追加として「対談椎名誠×目黒考二」「電子書籍版あとがき」「椎名誠の人生年表」を掲載。<目次>/二二二回記念/温泉ばなし/お笑いフーセン玉/東北ナメンナヨ旅/まん賀ん体験記/おとこ教室/房総バカ特集/おとっつぁんの厄介日/いい女にあいたい/かんちがいニッポン/北のヨレザレ話/強引な侵入者/レンコン怖い/どうすりゃいいんだ/通販おたく/年越しの本/クルマごときに/深川のおばさん/落着かない安全/ウランバートル異聞/傲慢なる饒舌/駅裏路地裏裏ラーメンの謎/なんだかワカラナイ/サインはいつまでもV/驢鳴犬吠/恥ずかしい顔/雪をはじめてみた子供/そしてプロレスはつづく/もしもある日……/テレビ声/惰眠もつかのま/桜が枯れた/家なきおじさん/京都のユーウツ/ウニクラ丼がまっていた/酔眼名古屋談議/「わあー」の人/ダラヌラ地獄/高みの見物あとがき/文庫版のためのうどん的あとがき/対談椎名誠×目黒考二/電子書籍版あとがき/椎名誠の人生年表

    続きを読む
    提供開始日
    2014/11/09
    連載誌/レーベル
    椎名誠 旅する文学館

    レビュー

    3.5
    8
    5
    1
    4
    3
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/05/05Posted by ブクログ

      「新宿赤マント」シリーズの第6弾。

      連載開始から222回目になる記事からスタートする本書は、阪神淡路大震災とオウム真理教事件で揺れた1995年の頃に書かれたものも含まれています。当時の読者の中には、...

      続きを読む
    • 2014/06/15Posted by ブクログ

      赤マントシリーズ単行本第6弾。週刊文春1994年9月29日号~1995年7月13日号掲載分が収録されている。おそらく自分が赤マントシリーズの単行本をリアルタイムで買っていはのはここまで。いろいろ忙しく...

      続きを読む
    • 2012/12/20Posted by ブクログ

      週刊文春、人気エッセイ新宿赤マントシリーズ。毎回、著書シーナさんが、日々起こった事を題材にとりあげ、面白、可笑しく書いている。また時には赤目で怒り書き殴っている。まちがいなく安心して楽しめる痛快エッセ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード