【最新刊】ハマボウフウの花や風

ハマボウフウの花や風
1冊

椎名誠

440円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

    友人の恋人であった吉川美緒と海辺の町で再会した水島は、仲間たちとけんかに明け暮れた学生時代を想い出す。海風を受けながら、少年たちの苛烈な青春が吹き荒れる表題作『ハマボウフウの花や風』。実際に著者が勤務していた体験から綴られた『倉庫作業員』『皿を洗う』『脱出』。湖畔で隠遁生活を送ることにした男と三羽のアヒルの心温まる生活を描く『三羽のアヒル』。のちに映像化された作品を含む6つの短編集。巻末には電子書籍版の追加として「対談椎名誠×目黒考二」「電子書籍版あとがき」「椎名誠の人生年表」を掲載。<目次>/倉庫作業員/皿を洗う/三羽のアヒル/ハマボウフウの花や風/温泉問題/脱出秘密のあとがき/文庫版のためのあとがき/対談椎名誠×目黒考二/電子書籍版あとがき/椎名誠の人生年表

    続きを読む
    提供開始日
    2014/11/09
    連載誌/レーベル
    椎名誠 旅する文学館

    レビュー

    4.3
    3
    5
    2
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/08/22Posted by ブクログ

      映画 息子 の原作、倉庫作業員を含む短編集。
      学生時代の友人が 同著者が好きで 映画と原作の違いを話してくれたことを思い出して読んでみた。
      この原作を読んで あの映画を作るって山田洋次監督って流石。...

      続きを読む
    • 2008/04/20Posted by ブクログ

      いい具合に働けている時の充実した気分が感じられました。さわやか。
      あとなんかいい感じにちょっと悲しくなります。

    • 2007/03/16Posted by ブクログ

      手当たり次第に椎名さんを読んでるけど、これはSFともエッセーとも違って、温かい普通の小説。エッセーに書かれていた実話とリンクする部分があって、小説にも一部真実があるからこそ面白いんだろうなと思った。表...

      続きを読む

    セーフモード