ヴィヨンの妻

太宰治

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    傷つきやすい心をごまかすように、金もないのに飲んだくれる詩人の動静を、妻が奇妙な明るさで語る表題作をはじめ、未完の絶筆「グッド・バイ」のほか「パンドラの匣」「眉山」「トカトントン」の5篇を収録。※本書は一九九八年に刊行された角川文庫『グッド・バイ』を改題したものが底本です。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      本当に好きだからこそ、その思いをこっそりと仕舞い込んだりするのでしょう。
      宝箱に仕舞いこむようにそっと、誰にも知られないようにひっそりと。だけどその思いを押し込み過ぎたとき、その好きという感情はどうに...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      ”トカトントン”を読みたくて購入。小説でしかなしえない表現、というものについてぼんやりと考えたくなります。

    • ネタバレ
      2020/06/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A000338121","price":"550"}]

    セーフモード