トーキョーの謎は今日も深まる

著者:マイケル・プロンコ 訳者:矢羽野薫

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    明治学院大学でアメリカ文学・文化を教えるアメリカ人教授・プロンコ氏が、トーキョーを観察するNewsweek日本版の連載をまとめたエッセイ集第2弾。健康ドリンク、駅ナカ、検定、母娘デートなど…日本独自の不思議なモノや習慣を、独特のユーモアを交えて書いている。

    続きを読む
    • 僕、トーキョーの味方です 全 3 巻

      未購入巻をまとめて購入

      僕、トーキョーの味方です 全 3 巻

      3,960円(税込)
      39pt獲得

    レビュー

    3.2
    4
    5
    0
    4
    1
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/11/07Posted by ブクログ

      目新しいことと、よくわからんことと、あるある的なことと。
      ひとつひとつが短いので読みやすい。
      そして、ちゃんとしないとなー、なんて思った。
      トーキョー人じゃないけど。

    • 2017/06/05Posted by ブクログ

      東京に住む米国人の著者が、東京で感じた様々な日本人(東京人)観を綴る。大体において好意的で、興味深く観察している。
      主にニューズウィークに掲載したもの。現在は明治学院大でアメリカ文学を教えているとのこ...

      続きを読む
    • 2014/07/28Posted by ブクログ

      日本で暮らす1人の外国人の視点からみた東京。こういう見方がされるのかという発見はあったが、特にこの本を読むことで学べたことはなかった。

    開く

    セーフモード