オツベルと笑う水曜日

著者:成田良悟

627円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『私は、何一つ悪事を働いておりません。故に私は、己の身が清廉潔白である事を証明しようかと思います』先日少年刑務所から出てきた容疑者の部屋で発見された声明文。そして殺人現場の壁に残る『私は無実です』のメッセージ──。芸能ゴシップや都市伝説等を扱う、とある雑誌の編集部。そこは編集長の乙野辺ルイ、通称オツベルが若き女帝として君臨していた。そんな部に急遽配属された、強面で顔面に傷痕が走る巨漢、喜佐雪弘。自分を悪人だと自負するルイと真面目ながらも謎の多い新人記者・喜佐が、いつしか連続殺人事件に巻き込まれ──。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    27
    5
    5
    4
    9
    3
    12
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2017/06/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2016/02/15Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2015/11/13Posted by ブクログ

      成田良悟作品は『BACCANO!』シリーズしか読んでないが、作者らしい作品だと感じた。
      アイザックとミリア発見!!

    開く

    セーフモード