【最新刊】図解・いきなり絵がうまくなる本

図解・いきなり絵がうまくなる本

著者:中山繁信

924円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「コツ」さえ知っていれば、建物・風景・車・テーブル・イスなど、身の回りにあるものが簡単に描けるようになる!味のあるイラストで定評のある建築家が、立体感のあるイラストを描けるようになる方法を伝授!

    続きを読む
    ページ数
    210ページ
    提供開始日
    2014/11/07
    連載誌/レーベル
    メディアファクトリー新書
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 2018/01/11Posted by ブクログ

      練習方法というよりは、3次元の書き方が書いてあるので、その領域に関しては、本当にすぐにうまくなると思ったが、そうではないところについてはそんなことない(イラストなど)
      そういうところに目的があるときに...

      続きを読む
    • 2014/11/23Posted by ブクログ

      相似形を並べると立体になる原理。
      樹木のかきかた。
      消失点法。
      これならかける。
      絵画指導をすべて本書のようなかかせ方で進める事はできないが、1つの原理として知っておくと便利である。

    • 2017/03/27Posted by ブクログ

      立体を描く技法を知ることで確かに絵がすぐに上手くなる。と同時に、私は「絵はすぐには上手くならない」という本も読んでいる。矛盾だらけの人生である。

    開く

    セーフモード