COPY 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子

著者:内藤了

691円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    鑑識官・三木と恋人の麗華の結婚を祝うのも束の間、比奈子ら「猟奇犯罪捜査班」の面々に事件の知らせが入った。心臓がえぐりだされた2遺体が八王子の廃ビルで発見されたのだ。実は、一昨日も同様に心臓がくり抜かれた成人男性3人の遺体が日本橋で見つかっており、「死神女史」こと石上妙子教授が検死を担当していた。その現場は、被害者の血痕で奇妙な「魔法円」が描かれていたという。比奈子は、12年前そして30年前に同じような事件が起こっていたことを聞かされる。それらは未解決事件であった。過去の事件の犯人が再び活動を開始したのだろうか? そして、国際犯罪組織から狙われている中島保が身を隠しているセンターでは少年・永久がある発見をしていた……。現代社会の闇が猟奇的殺人と共鳴する、新しいタイプのヒロインが大活躍の警察小説、第9弾! いよいよクライマックスへ!===【電子版特別付録】次巻『BURN(バーン)』プロローグ原稿

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    12
    5
    2
    4
    6
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/08/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2019/08/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/07/24Posted by ブクログ

      いよいよさまざまな謎が佳境に入ってくる模様。数々の事件の影で暗躍しているらしい謎の組織と、その恐るべき陰謀の一端が明らかになってきたような……いやしかしまだまだ謎の部分も多すぎます。次で最終巻のような...

      続きを読む
    開く

    セーフモード