最後の晩ごはん 忘れた夢とマカロニサラダ

著者:椹野道流

572円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    兵庫県芦屋市。雨の夜、定食屋「ばんめし屋」を訪れた珍客は、青年の幽霊・塚本だった。元俳優で店員の海里は、店長の夏神たちと事情を聞くことに。なぜか今までのどの幽霊よりも意思疎通できるものの、塚本は「この世に未練などない」と言い切る。けれど成仏できなければ、悪霊になってしまいかねない。困惑する海里たちだが、彼ら自身にも、過去と向き合う瞬間が訪れて……。優しい涙がとまらない、お料理青春小説第8弾!

    続きを読む
    • 最後の晩ごはん 全 13 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      最後の晩ごはん 全 13 巻

      7,414円(税込)
      74pt獲得

    レビュー

    3.6
    21
    5
    2
    4
    9
    3
    10
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/06Posted by ブクログ

      「久しぶりのお客さん」
      雨が降り続く中現れたのは。
      もしかしたら誰の目にもハッキリと目に見える程の幽霊なのかもしれないが、亡くなって日が浅いだけで未練が無いというのは気になるな。
      彼は自分自身の体験か...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/12/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/09/10Posted by ブクログ

      夜だけ営業の定食屋〈ばんめし屋〉を舞台にした、ちょっと不思議でほんわかする物語シリーズ第八作。

      今回は塚本という青年の幽霊をメインに、シリーズの本来の形に路線を戻して展開する。
      塚本はこれまでの幽霊...

      続きを読む
    開く

    セーフモード