【最新刊】あやしい探検隊 北海道乱入

あやしい探検隊 北海道乱入

著者:椎名誠

528円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    あやしい探検隊でやり残したことがあったのだ!シーナ隊長は隊員とドレイを緊急招集。北海道での「極貧・自給自足旅」への出発を宣言した!でっかい牡蠣に毛ガニが乱舞、サカナも大漁。もちろん酒も忘れずに。順調なお貰い旅の行方はしかし、予想外の結末に!?酔いどれオヤジたちによる行き当たりバッタリなバカ旅は健在!大笑いたっぷり(たまに)感動間違いなし。十数年の時を経て帰ってきた、本家「あやしい探検隊」!!※本書は、二〇一一年に小社より刊行された単行本『あやしい探検隊北海道物乞い旅』を改題の上、加筆修正のうえ文庫化したものが底本です。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/11/07
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      本作は、あの『わしらは怪しい探検隊』から四半世紀を経て復活した怪しい探検隊シリーズなのだが、全く面白さを感じなかった。初期の怪しい探検隊…東ケト会からいやはや隊までは非常に面白かったのだが、アフリカ乱...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      本屋で見つけて、ちょっと頭を捻る。シーナ隊長の最近の活動は雑魚釣り隊じゃあ?
      恩のある角川からの企画だったので、昔の名前を持ち出したということらしい。
      雑魚釣り隊のようにダラダラしていなくて、ちゃんと...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      久しぶりに読んだシーナ隊長の探検隊シリーズの最新刊。1963年に結成された「東日本何でもケトばす会」で椎名隊長、目黒考二さん、木村晋介弁護士、沢野ひとし画伯等がスタートさせたシーナワールド、その次の第...

      続きを読む
    開く

    セーフモード