秘密 下

著:ケイト・モートン 訳:青木純子

1,833円(税込)
1%獲得

18pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1941年、第二次世界大戦下のロンドン、ローレルの母ドロシー(ドリー)はまだ若く、裕福な一人暮らしの老婦人の屋敷に、メイドとして住み込んでいた。向かいの屋敷に住む作家の妻は、美しく洗練されていて、ドリーの憧れの的だった。国防婦人会の活動に参加し、彼女の手伝いをすることが、ドリーの生き甲斐になっていた。そんなある日、地元に残してきた両親と弟が空襲で亡くなったことを知る。ひとりぼっちになったドリーだったが、彼女には結婚を約束した写真家ジミーの存在があった。ふたりは海辺の家で暮らすことを夢見ていた。だがドリーの運命は急転回する。ロンドンの空襲、そして……。2011年、ローレルは、あの恐ろしい事件当時、母に抱かれていた弟とふたりで、母の過去を探りはじめる。メイド時代の母のこと、写真の女性のこと、高名な作家夫妻のこと……。さぐりつづけるうちに見えてきたのは思いも寄らぬ母の姿だった。母ドロシーの過去にはいったい何が隠されているのか?『忘れられた花園』で読者を物語の迷宮に誘い込んだケイト・モートンが、ふたたび贈る幾重にも絡み合う謎。

    続きを読む
    • 秘密 全 2 巻

      未購入巻をまとめて購入

      秘密 全 2 巻

      3,666円(税込)
      36pt獲得

    レビュー

    4.5
    32
    5
    17
    4
    14
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/12Posted by ブクログ

      このミス2015海外部門第2位、そしてケイト・モートン初読。

      コロっと騙された。読み終わったら「これって、よくあるトリックやん、今までも何作か、この手のトリック使った小説読んでるやろ」と思ったのだが...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/08/07Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2018/10/11Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード