えへん、龍之介。

松田奈緒子

540円(税込)
ポイント 5pt

恋に仕事に人生に、大正文豪も忙しいのだ!!――“僕たちはただ百年残る言葉を探しているのだそのために今生きているのだ”文壇のスーパースター、芥川龍之介(あくたがわ・りゅうのすけ)。緻密に入念に作品を彫琢する一方で、女の罠にコロリとはまってしまう偏屈でハンサムな愛すべき男の素顔とは……?数多のマンガ読みが偏愛する奇才・松田奈緒子がデビューまえから温めてきた待望作!

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.5
13
5
3
4
3
3
6
2
0
1
1
  • 2018/10/12Posted by ブクログ

    芥川龍之介の愛すべき素顔を描く入魂作。彼を取り巻く当時の文人達の人間模様も面白い。人生は、進むしかない薔薇色の悪夢。

  • 2017/07/25Posted by ブクログ

    7月24日は河童忌だったので読んでみました。 芥川龍之介と当時の文豪たちの普通の日常が描き出されていて身近に感じられつつも、彼らの発するさり気ない一言に心揺さぶらました。 僕達はただ 百年残る言葉を...

    続きを読む
  • 2016/12/17Posted by ブクログ

    文豪達が身近に感じられ、きちんとエンターテイメントになっている所に作者の力量が表れている。過剰にドラマチックではなく、淡々と日常を表現していることが、肝。 時代は、明らかにドラマチックだったから、いく...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード