母親の貫禄

三石由起子

764円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    子育てには悩みや不安はつきもの。でもその原因の多くは、子どものことがちゃんと分かっていないから。「自分の子どものことだから、ちゃんと分かっている!」そう思う人も多いかもしれません。でも本当でしょうか?幼児期を過ぎた子どもはすでに、親が一生をかけても知り得ないことを知ろうと、もがいているのです。もがきながら、どんどん「自分なりの道」を歩こうとする。子どもの行くその道は、親から見れば不安に思え、心配になる。不安で心配だから、つい親の考え・価値観を押し付けようとしてしまう……。そんな親心が、実は子どもからワクワクするような未来を奪ってしまうことにもなるのです。子どもの心を、能力を、可能性を、どこまで親は信じられるか。それは、わが子をどこまで理解できているか、ということ。それは、「子どものために何かをする」ということではなく、「親がどういう態度で生きるか」、そこにも大きなヒントがあります。プロローグ子育ては後悔の連続である第1章学習:子どもの才能はぐんぐん伸びる第2章感性:豊かな言葉と発想で心を育てる第3章自立:生きる知恵と、生き抜く強さを身につける第4章生きる喜びを教える母親の笑顔エピローグ先生はお疲れか

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード