ボクは吃音ドクターです。

菊池良和

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    どもっていても、社会の役に立ちたい。幼少の頃から吃音に苦しみ、一人で抱え込み続けた心の傷と、信じ続けた未来。吃音外来医師として活躍する著者が、現在までを綴ったエッセイ。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/04/20Posted by ブクログ

      日本人の吃音者のために書かれた最良の本""

      【選書理由】
      作家 重松清さん 絶賛!という帯に惹かれて。

      【感想】
      私が吃音に関する本を挙げるとするなら、
      フレデリック.P.マレーの「吃音の克服」...

      続きを読む
    • 2012/01/13Posted by ブクログ

      吃音のあるお医者さんが書いた吃音の本。

      吃音を治したい一心で医学部を受験し、医者になり、

      その後臨床から研究に身を移し、今も吃音治療の研究をしている

      著者の、苦悩とその克服。吃音の悩みを抱える人...

      続きを読む
    • 2018/01/21Posted by ブクログ

      吃音に悩んでいた筆者が医者になった経験と、吃音に対する真摯な想い、同じ仲間の悩みに対する想いがしっかりと書かれている。

      吃音という症状に対して、吃音を持っている人たちがどのように向き合い苦労している...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000337567","price":"1100"}]

    セーフモード