星界の戦旗IV ―軋む時空―

森岡浩之

495円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    〈アーヴによる人類帝国〉と〈三ヵ国連合〉との戦争は七年目に突入した。戦況は帝国に有利に展開していたが、さらなる攻撃のために、新たな作戦『双棘』が発起され、ラフィールとジントは、襲撃艦〈フリーコヴ〉で、ラフィールの弟ドゥヒールは、戦列艦〈カイソーフ〉に乗り組み、出撃する。そのころ、皇帝ラマージュと〈ハニア連邦〉とのあいだで、とある密約がなされようとしていた。大詰めを迎える戦争、その行方は?

    続きを読む
    • 星界の戦旗 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      星界の戦旗 全 6 巻

      3,135円(税込)
      31pt獲得

    レビュー

    3.5
    9
    5
    1
    4
    4
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2014/06/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2014/05/07Posted by ブクログ

      登場人物間の交流も、敵対勢力の動向も、戦闘シーンも、全てにおいて中途半端な気がする。第5巻に続くのはわかるが、いろんな意味ですっきりしないというのが率直な感想。

    • 2013/06/20Posted by ブクログ

      戦争がいよいよ佳境に入ってきた。
      話がどんどん大きくなってきているので、ジントとラフィールのやりとりが少なくなってきてちょっと残念。
      って言うか、今回は他の艦隊でも司令官と参謀の軽妙なやりとりが少なく...

      続きを読む
    開く

    セーフモード