カメラ・オブスクーラ

ナボコフ/貝澤哉(訳)

935円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    裕福で育ちの良い美術評論家クレッチマーは、たまたま出会った美少女マグダに夢中になるのだが、そこにマグダの昔の愛人が偶然姿をあらわす。ひそかに縒りを戻したマグダに裏切られているとは知らず、クレッチマーは妻と別居し愛娘をも失い、奈落の底に落ちていく……。あの『ロリータ』の原型であるナボコフ初期の傑作。英語版と大きく異なるロシア語原典の独特の雰囲気を活かし、細部の緻密な面白さを際立たせた野心的な新訳。

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/05/12Posted by ブクログ

      初めて手にしたナボコフであり噂通り強烈な印象を残した「ロリータ」と、この「カメラオブスクーラ」で作者の著書は2作目です。
      あとがきにもありましたが、読みはじめ辺りから感じるこの気持ちの悪さは読んだ覚え...

      続きを読む
    • 2015/01/26Posted by ブクログ

      一言でいうと、中年の妻子持ちの男が、16歳の少女にのめりこみ破滅していくさまを描いた話だが、裏テーマは、性的魅力のない妻を持った妄想男の行く末、と読んだ。
      (とはいえ、ロリータよりだいぶ以前のこの段階...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2012/02/21Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード