永遠図書館 4巻

完結

赤星治人

648円(税込)
ポイント 6pt

見つけた、「最初の本」への道。――幼い頃からの夢と大いなる使命を胸に少女は旅立つ。とうとう念願の白道司書(ベルベット)への昇格を果たしたメシェ。しかし、「最初の本」に至る花言葉(シェアト)はなかなか見つかりません。そんな時、『神話標本』の記述に不自然な点があるのに気付きます。そこから、紐解かれるようにメシェの前に真実への扉が開けたのでした。書物と神話が織りなす本格ファンタジー、感動の最終巻――!!

続きを読む
  • 永遠図書館 全 4 巻

    未購入巻をまとめて購入

    永遠図書館 全 4 巻

    2,592円(税込)

レビュー

3.3
3
5
0
4
1
3
2
2
0
1
0
  • 2013/05/30Posted by ブクログ

    だんだん神話世界と永遠図書館との関わりが深くなってきて、面白くなってきたのに最終巻って!!!!この面白さをわかってくれる読者が少なすぎたのか、連載誌と読者層が合わなかったのか、とにかく残念。どんどん面...

    続きを読む
  • 2013/01/20Posted by ブクログ

     カトレリに起こる異変やソルヴェイグの役目のことなどいろいろと新しい事実がわかって、話が盛り上がる所で終わってしまいます。  話の進み方がちょっと早くて読みづらく感じることもありましたが、絵も細かく描...

    続きを読む
  • 2013/01/11Posted by ブクログ

    ふえぇぇ終わっちゃったよぉ・・・こうやっぱ好きな作品がガッツリ打ち切りっぽく終わられるとしんどいっすよねぇ。1巻読んだだけだと確かにとっつきにくいけど赤星先生のやりたいことが見えてくると面白い作品なん...

    続きを読む

セーフモード