現場論―「非凡な現場」をつくる論理と実践

著:遠藤功

1,584円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    33刷15万部のベストセラー&ロングセラー『現場力を鍛える』の衝撃から10年。その後の全エッセンスが詰まった10年間の集大成、遂に発売!【1】「現場」と「現場力」の正体を突き止める●現場には「3つのレベル」がある────「非凡な現場」「平凡な現場」「平凡以下の現場」●現場力は「3つのプロセス」で進化する─────「保つ能力」→「よりよくする能力」→「新しいものを生み出す能力」●現場は「天使」にもなれば「悪魔」にもなる─────だから「理」と「情」のマネジメントが必要【2】「非凡な現場」の実践例をわかりやすく解説!●デンソー、ヤマト運輸、良品計画など「6つのケース」を徹底解説!────「非凡な現場」はここが違った!●マザーハウス、コープさっぽろなど「15のミニ事例」も満載!────マネできるヒントがここに!●「第I部・第II部エッセンス」のまとめ付きで、大事なポイントが一目でわかる!本書を読めば、どの現場も必ず強くなる。現場に関わるすべての人に、必ず役に立つ。全ビジネスパーソンの知りたいすべてが、この1冊に凝縮。渾身の書き下ろしで、『現場力を鍛える』『見える化』に続く「新たな代表作」が遂に誕生!【主な内容】<第I部現場と現場力の「正体」を突き止める【論理編】>第1章現場とは何か第2章競争戦略論と組織能力第3章現場力とは何か第4章「非凡な現場」をつくる第5章「合理的な必然性」とは何か<第II部「非凡な現場」をどのようにつくるか【実践編】>第6章現場力を進化させる道筋第7章「合理的な仕組み」とは何か第8章ナレッジワーカーを育てる第9章経営者の役割

    続きを読む

    レビュー

    4.1
    26
    5
    9
    4
    11
    3
    6
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/06Posted by ブクログ

      戦略的位置取り(SP)と組織能力(OC)でOCがないとSPの実践ができない。よってOCをどう伸ばしていくか、という観点から、現場力を高める方法・理論について記載されたもの。
      現場は「保つ力」「よりよく...

      続きを読む
    • 2018/11/04Posted by ブクログ

      ・「凡事徹底」は、現場にとって基本中の基本だ
      ・現場力という組織能力は「保つ能力」「よりよくする能力」「新しいものを生み出す能力」が重層的に連なったものだ

    • 2018/10/13Posted by ブクログ

      著者の「現場」に関する示唆は共感する部分が多い。非凡な現場をつくるのは並大抵なことではないが、トップ次第、人次第である。

    開く

    セーフモード