リクルートという幻想

著:常見陽平

748円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    リクルートは「人材輩出企業」や「新規事業創造企業」等と賞賛され、「営業武勇伝」に事欠かない。「やんちゃ」な社風は賛否両論あるが、日本人の働き方に良くも悪しくも影響を及ぼした。論客として著名なOBが、自らの体験と新規取材の両面から、R社の実態に迫り、将来を展望する。

    続きを読む

    レビュー

    3
    17
    5
    1
    4
    4
    3
    7
    2
    4
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2017/07/16Posted by ブクログ

      憂国ならぬ憂社、憂リク。世間の評判からかけ離れる現実。リクルート上場という奇妙な冒険がどこ行くのか、面白い旅、良い旅になって欲しい。歴史から学び現実を直視し、上ではなく前を見て欲しい。リクルート関係者...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2016/11/16Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/09/10Posted by ブクログ

      入りたい人より欲しい人を採用する
      自己有能感の実感、自己決定性、社会承認性を動機付け三条件として置いている

    開く

    セーフモード