ジャンボ機長の危機管理術

著:坂井優基

589円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大事故の引き金は、何気ない日常に潜んでいる!本書は長年、国際線ジャンボ機長として活躍する著者が、危険を回避する64の智恵を紹介。「判断に感情を持ち込んではいけない」「前例を他山の石とする」「無言の指示は厳禁」など、中間管理職からトップまで、現場で真に役立つノウハウが満載。“その時、どう行動するべきか?”が瞬時にわかる本。

    続きを読む

    レビュー

    4
    4
    5
    2
    4
    1
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/05/28Posted by ブクログ

      リスク管理について考えていたときに見つけた本。危機管理という意味では世界トップクラスのスキルが必要な仕事であるはずのパイロットが語る内容は説得力がある。役職に応じて必要なスキルや考え方が紹介されており...

      続きを読む
    • 2011/11/21Posted by ブクログ

      ●自分が一切の責任をとると思った瞬間から、心はものすごく自由になります。自分が責任をとるわけですから思い切った手段や考え、方法をとることができます。
      →自分の責任で行動しているという意識を常に持ち続け...

      続きを読む
    • 2011/06/29Posted by ブクログ

      医療安全にも応用できるところがあるんじゃないか、と思って読んでみました。

      操縦士や医療職だけではなく、ほとんどすべての職業のリーダー、管理者、実務者に応用できる内容になっています。そして、絵に描いた...

      続きを読む
    開く

    セーフモード