源義経の合戦と戦略 その伝説と実像

著者:菱沼一憲

1,232円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    悲劇のヒーローという日本人好みの物語として、次第に形作られた義経伝説を、『平家物語』諸本や『吾妻鏡』、日記などと比較しながら解剖。武家社会と貴族社会との対比の中で、天才的戦略家の実像に迫る。

    続きを読む

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/19Posted by ブクログ

      [評価]
      ★★★★☆ 星4つ

      [感想]
      この本を読むと義経は行き当たりばったりで行動する人物ではなく、用意周到に準備を重ねた上でそれをお首にも出さずに行動する人物だったように読めた。
      義経の悲劇は頼...

      続きを読む
    • 2017/02/15Posted by ブクログ

       【屋島への出陣】義経が京を離れたのは文治元年正月十日、摂津の渡辺から出港が二月十六日。この間、1ヶ月。兵糧米の徴収と嵯峨源氏の渡辺党などの水軍兵士の動員をかけた様子。また阿波の反平家勢力、近藤近家か...

      続きを読む

    セーフモード